墓地

永大供養ができるのも納骨堂の魅力|永遠の居場所

予算内でお墓を作る

花

エリアごとの価格の特徴

神奈川県の霊園は、地域ごとに特徴があります。横浜や川崎は東京に近く、神奈川では都市部にあたります。そのため、アクセスの良さから神奈川県内でも霊園の使用料が高い傾向です。住宅地の中や駅から徒歩圏内の霊園は高台にあるものが多く、墓所まで階段を使った移動になりますので、高齢になってからのお墓参りをどうするかが選ぶときのポイントになります。藤沢、鎌倉も霊園の使用料が神奈川県内では比較的高くなっています。特に鎌倉は観光地としても人気のエリアで、歴史ある寺社仏閣も多いことから、県内でも使用料の高さはトップクラスです。くわえて、古い霊園も多いので従来の縦長の和型墓石を使い、灯籠など付属品が充実しているお墓を建てる人が多いので墓石代も比例して高くなることが多いです。横須賀や三浦、葉山などはリーズナブルな霊園が点在しています。海や富士山が見える景観の良さが人気の高級霊園もありますが、それでも200万円以内で墓石も含めた一式が揃う霊園がほとんどです。地元の人だけではなく、海が好きなど故人や家族の趣向で選ばれることも多いエリアです。小田原をはじめ、伊勢崎や綾瀬などはリーズナブルで綺麗な霊園が豊富です。駅から離れた郊外にあるところですと、80万円以下で一式が揃うところもあります。このあたりは新しい霊園が多いため、横型の洋風墓石が主流になっているなど土地の使用料だけでなく墓石の費用も抑えられることも価格の安さの要因です。神奈川とひとまとめで言っても、エリアごとにこうした違いがあります。お墓参りのときの交通アクセスなども考慮しつつ、自分にピッタリの場所を見つけましょう。